武田晃奈

takeda01

子どもたちが英語を好きになるきっかけになりたい。  私自身、英語は好きだけど、話すことに関して苦手意識がありました。文法ばかりで、会話をする機会がなく大人になった1人です。幼い頃から英語を話す機会がもっとあれば違っていたのかなと、セイハの生徒さんを見ながら思います。  「これからの時代英語は必要よね」「いつかは始めようと思っているんだけど」というお母様の声をよく耳にします。新しいことを始める時、わくわくすると同時に、少なからず不安があります。そんな不安を取り除いて、そっと背中を押す。「セイハがきっかけになって英語を好きになってほしい。」常にそう思いながら働いています。入社1年目で、先輩方や先生方に助けていただきながら、模索する日々です。セイハで働きながら、1人でも多くの子どもたちの可能性を広げていくきっかけとなりたいです。